PR
PR

大学、またオンライン授業に? 小池氏発言に学生ら困惑

 まん延防止等重点措置を政府に要請した東京都の小池百合子知事が8日、大学にオンライン授業などの対策を取るよう呼び掛けた。対面を重視する文部科学省の求めに応じる形で、各大学は新年度からの対面拡充を打ち出していた。「楽しみにしていたのに…」。我慢を続けてきた学生からは落胆の声が上がり、大学側には困惑が広がった。

 「友人と学ぶ貴重な時間を安易に奪わないでほしい」。昨年度、対面授業がほぼなかった私立大2年の男子学生(20)は訴えた。今月、1年遅れで入学式が開催され、ようやく大学生の実感が湧いた。来週の授業開始を心待ちにしていたといい、「対策を求めやすい大学生だけを狙い撃ちにしているように感じる」と憤った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る