PR
PR

日ハム斎藤、充実の29球 故障後初の打撃投手

[PR]

 昨年10月の右肘靱帯(じんたい)断裂から復帰を目指す斎藤が8日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で故障後初めて打撃投手を務めた。左右の打者3人に対して計29球を投げ、「バッターと勝負できるという兆しが見えてきた」と手応えを口にした。

 斎藤は「打者を相手に投げることで出力を上げたかった」と今回の目的を語った。連日のブルペン投球では直球の最速が130キロほどだったが、強く腕が振れたというこの日は最速135キロを記録した。

残り:119文字/全文:326文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る