PR
PR

トヨタ、新自動運転システム搭載 購入後も遠隔で機能更新

 トヨタ自動車は8日、自動運転技術を強化した新システム「アドバンスドドライブ」を高級ブランド「レクサス」の「LS」に採用し発売した。車載ソフトウエアを顧客が購入後にも遠隔で自動更新し、走行性能を改善する機能を国内メーカーで初めて備えた。人工知能(AI)を活用し、安全性の向上と自然な走りを両立させた。

 12日には同じシステムを搭載した燃料電池車「ミライ」を売り出す。搭載モデルは同クラスの車と比べ50万~100万円程度高くなる。将来的には採用車種の拡大を検討する。

 新システムは通信機能を使い、販売店などに持ち込まなくても機能拡充や修正ができる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る