PR
PR

「運がっぱ」で大当たりを 小樽の宝くじ売り場に石像

 小樽のご当地キャラクター「おたる運がっぱ」の石像が7日、市内築港の宝くじ売り場「小樽イオンチャンスセンター」にお目見えした。くじを買いに来た市民らは「運」がつくようにと縁起を担ぎ、運がっぱの頭をなでている。

 運がっぱは2007年に市内相生町の石井印刷が考案。小樽のゆるキャラとして親しまれており、同センターを運営する北海道商事道南支店が「小樽らしいものを売り場に置きたい」と、名前に「運」が入っている運がっぱに着目し、石井印刷に相談した。

残り:205文字/全文:425文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る