PR
PR

エゾシカ脂でハンドクリーム 札幌・天鹿が5月までネット販売

 化粧品製造販売会社「天鹿(てんか)」(札幌)は、釧路など道東を中心に道内で捕獲したエゾシカの脂が原料の無香料ハンドクリームを開発し、クラウドファンディングのサイト「Makuake(マクアケ)」で販売中だ。エゾシカを有効活用した商品として、5月16日までインターネット上で販売している。(熊谷知喜)

 同社はシカの脂を独自の製法で無臭化し、精製オイルを配合したシャンプーなどを製造。アイヌ語でエゾシカを意味する「YUK(ユク)」のブランド名で販売している。同社によると、シカの脂の融点(溶ける温度)は、人間の体温に近いため肌になじみやすく、保湿効果があるという。

残り:366文字/全文:646文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る