PR
PR

<Fノート>栗山監督、心に刻む32年前の開幕戦 今こそ底力を

 4月7日、札幌ドームで行われたソフトバンク戦の後、報道陣に囲まれた日本ハム監督の栗山英樹は語った。「圧巻だった。エース級の内容だった。勝たせてあげたかった」。プロ入り2度目の先発登板だったドラフト1位新人の伊藤大海(苫駒大)が7回3失点と力投。打線の援護に恵まれず初黒星を喫したが、今後に期待を抱かせる内容だった。

  

■   ■

  

 伊藤は渡島管内鹿部町生まれ。球団史上初めて、道内出身選手として1位指名された。オープン戦で好投し、開幕ローテーションを自らの力で勝ち取り、「夢だった」という札幌ドームのマウンドで躍動した。

残り:1618文字/全文:1880文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る