PR
PR

倶知安に最上級ホテル 英IHG 24年にも開業

 【倶知安】国内で「インターコンチネンタル」などを展開する英ホテルチェーンのIHGホテルズ&リゾーツが、ニセコ地域の後志管内倶知安町で、同社の最上級ブランドホテル「シックスセンシズホテルズリゾートスパ」を計画していることが7日分かった。2024~25年の開業を目指す。観光業が新型コロナウイルスで打撃を受ける一方、ニセコ地域では感染収束後を見据えた高級ブランドの進出が続いている。

 ホテル開発は東京の不動産業ウェルス・マネジメントが手掛ける。同社は昨年12月、IHGとホテル運営の委託契約を締結した。

 建設予定地はニセコ地域最大のスキー場「ニセコグラン・ヒラフ」の南東約700メートル。ウェルス社と同社が出資する特別目的会社が土地の権利を取得した約1万1千平方メートルに建設する。

 ホテルは100室未満に絞った高級施設となる見込み。ウェルス社の担当者は「ニセコは世界的ブランド力がある一方、まだラグジュアリー(最上級)ホテルが少ない。増加が見込まれるアジアの富裕層の需要が期待できる」とIHGを誘致した狙いを話す。

残り:347文字/全文:804文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る