PR
PR

江差高等看護で教員パワハラか 学生が告発 道は調査

[PR]

 【江差】道は7日、檜山管内江差町の道立江差高等看護学院の学生たちが、複数の教員からパワーハラスメントを受けたと訴えているとして、学生と保護者への説明会を同校で行った。道はパワハラの有無は調査中とした上で、教員と学生の間で意思疎通が図れていなかったとしている。

 学生らは北海道新聞の取材に対し、「教員から『あなたに指導する価値はない』と言われた」「提出期限前にリポートを提出しようとしても受け取ってもらえなかった」などと主張。パワハラを苦に、少なくとも3人が自主退学したとも説明している。

残り:178文字/全文:422文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る