PR
PR

旭山動物園、冬季営業を終了 入園者62%減 新型コロナ影響

 【旭川】旭川市旭山動物園は7日、冬季営業を終了し、夏季営業を含む2020年度の入園者数(速報値)が、前年度比62%減の52万4534人だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、インバウンド(訪日外国人客)を含む観光客の激減が影響した。

 国の緊急事態宣言を受け、大型連休で入園者が増加する昨年5月に1カ月間休園したことが大きく響いた。

残り:238文字/全文:409文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る