PR
PR

鈴木道政85%支持 コロナ対応8割評価 全道世論調査

 北海道新聞社は、鈴木直道知事が23日に就任2年を迎えるのを前に2~4日に全道世論調査を行い、知事の道政運営を評価について「大変良い」「まあ良い」と回答した人は計85%だった。昨年4月の就任1年時の調査から3ポイント減となったものの、高い水準を維持した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため今年3月7日まで行った集中対策期間の対応については「大変良かった」「まあ良かった」と支持する意見は計80%に上った。

 鈴木道政を支持する回答は「大変良い」が31%、「まあ良い」が54%、不支持は「まったく良くない」が2%、「あまり良くない」が6%だった。支持の理由では「政策の実現力」が34%で最も多かった。男女別では男性の77%、女性の92%が支持した。

 新型コロナ対策を支持する理由では「発信の仕方が分かりやすかったから」が最も多い29%。今後力を入れてほしい分野についても「新型コロナへの対応」が27%で最多となった。

 ▽調査の方法 2~4日、北海道新聞社が北海道新聞HotMediaに委託し、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話する方法で実施。道内の18歳以上を対象とし、実際に有権者がいる世帯にかかったのは712件で、うち504人から回答を得た。数値は小数点以下を四捨五入した。

残り:243文字/全文:786文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る