PR
PR

<霧多布生まれ ラッコA子の物語>2 授乳 母親がワンオペ育児

 ラッコの子育ては、母親が全てを担う「ワンオペ育児」だ。赤ちゃんは母親のおなかの上でおっぱいを心ゆくまで飲み、後はスヤスヤ眠る。どこへ行くにも抱っこされた子はほぼ動かず、ぬいぐるみのよう。

 ラッコの乳首は二つ、下腹部にある。おっぱいの時間になると、「母親が『高い高~い』と抱っこしているみたいに、子どもを両手で持ち上げる」(片岡義広さん)。そして子の体の向きを時計回りに少しずつ優しく動かしていく。子が乳首をくわえる10分余りの間、母は「飲め飲め」というように見守り、子のお尻周辺の毛繕いをしている。

残り:105文字/全文:355文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る