PR
PR

乙部産アカモク 地元で食べて パック詰め商品 江差で販売

 【江差】ひやま漁協乙部支所ナマコ協議会は、乙部沖でとれる海藻のアカモクを「春採りあかもく」と名付け「えさし海の駅開陽丸」(姥神町)内にあるアンテナショップ「ぷらっと江差」で販売を始めた。

 同協議会は昨年11月から、洗ってパック詰めしたアカモクを東京の北海道どさんこプラザ有楽町店で販売。町内ではこれまで販売されていなかったが、地元でも認知度を高めようと販売することにした。容器を新しくして容量も1パック100グラムから60グラムに減らし、一度に食べ切りやすいサイズに変更。今月1日発売した。

残り:177文字/全文:423文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る