PR
PR

車両屋根上に砕石 五稜郭駅 特急1本遅れ

 5日午後1時40分ごろ、函館市の函館線五稜郭駅構内で、札幌発函館行き特急北斗8号(5両編成)の車両屋根上にバラスト(線路上の砕石)1個があるのをJR北海道関係者が発見した。

 終着の函館駅到着後に除去と点検を行ったため、折り返しの函館発札幌行き特急北斗13号が約40分遅れ、約100人に影響が出た。

残り:35文字/全文:184文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る