PR
PR

国鉄カラーの列車にファン喜ぶ 釧路駅で開業120周年イベント

国鉄時代の色に塗り替えられた「特別車両」。JR釧路駅のホームで大勢の鉄道ファンらが出迎えた(小松巧撮影)
国鉄時代の色に塗り替えられた「特別車両」。JR釧路駅のホームで大勢の鉄道ファンらが出迎えた(小松巧撮影)


 JR北海道釧路支社は3日、釧路駅開業120周年を記念したイベントを駅構内で開いた。国鉄時代の列車の色に塗り替えた特別車両がお披露目され、大勢の鉄道ファンらが訪れて節目を祝った。イベントは4日も開く。

 同支社が本年度に釧路駅開業120周年のほか、花咲線全線開通100周年、釧網線同90周年を迎えることを記念して開催。イベントでは現行車両のキハ40形を、国鉄時代のキハ22形のクリーム色と朱色に塗り替えた「特別車両」が公開され、鉄道ファンら400人超がホームで出迎えた。

残り:275文字/全文:509文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る