PR
PR

配合飼料5500円値上げ 乳価は実質下落 根室管内の酪農家、二重の痛手

 【中標津】家畜向けの配合飼料の4~6月期の価格が、1~3月の前期から1トン当たり5500円引き上げられた。生産者が受け取る平均乳価は、1キロ当たり1~2円程度引き下げられており、根室管内の経済基盤をなす酪農の経営者には、二重苦となりそうだ。

 配合飼料の価格は、JA全農と飼料メーカーが、四半期ごとに決める。値上げは今回で3期連続。中標津農協では、配合飼料の平均価格は1トン当たり6万3600円となり、前年同期を1万400円上回る。

残り:519文字/全文:735文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る