PR
PR

上ノ国の道の駅 人気菓子職人独立 和洋菓子とパン 5月開業「愛される店に」

 【上ノ国】檜山管内上ノ国町の道の駅「上ノ国もんじゅ」で和菓子などを作っていた工藤三代さん(35)と夫の秀一郎さん(34)が、町内大留73の自宅を増改築し、5月28日に和洋菓子とパンを売る「工房kudo」を開店する。上ノ国町商工会によると、和洋菓子店もパン店も町内にはなく、唯一の専門店が誕生する。

 工藤さんは2018年4月、もんじゅのリニューアルオープンに合わせて、施設内に「菓処あまのがわ」を開店。高知市の和菓子店で10年以上の勤務経験のある和菓子職人の三代さんが手作りするどら焼きや大福が、町民や観光客の間で評判を呼んだ。秀一郎さんは、和菓子の製造などの経験は全くなかったが、あんこを作ったり、包装を手伝ったりして妻を支えた。

残り:389文字/全文:705文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る