PR
PR

防衛装備品移転へ協定 日本とインドネシア 2プラス2

 日本・インドネシア両政府は30日、東京都内で外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を開き、日本からの防衛装備品輸出に向けた「防衛装備品・技術移転協定」を締結した。中国の海洋進出の動きなどを背景に、安全保障面での協力を強化する狙いがある。茂木敏充外相は終了後の共同記者発表で「『自由で開かれたインド太平洋』に向け、具体的な協力を推進することで一致した」と述べた。

 両国の2プラス2は2015年以来2回目。茂木氏のほか、岸信夫防衛相、インドネシアのルトノ外相、プラボウォ国防相が参加し、約1時間40分行われた。

残り:288文字/全文:539文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る