PR
PR

ツリーハウスで自然体験を 伊達のNPO建設中 「塾」の拠点に

 【伊達】環境教育や自然体験を行うNPO法人「いきものいんく」(伊達市清住町47の1、加藤康大代表)が、敷地内の森にツリーハウス「つみき」を建設中だ。子どもから大人までの「秘密基地」として、4月から放課後に開講する「いきもの塾」などの拠点となる。

 ツリーハウスは、同法人の敷地の奥に生えるトドマツとクリ、ミズナラの計4本を基礎にして、敷地内で伐採した針葉樹の丸太をその上に渡して骨組みとし、道産材のトドマツやカラマツを使った床面積約18平方メートルの小屋を載せる形式だ。

残り:341文字/全文:576文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る