PR
PR

結婚相談、婚礼も新スタイル オンラインで助言/3密避け屋外で挙式

北竜町のヒマワリ畑で挙げた佐藤さん夫妻の屋外結婚式(佐藤さん提供)
北竜町のヒマワリ畑で挙げた佐藤さん夫妻の屋外結婚式(佐藤さん提供)


 新型コロナウイルス感染拡大で注目されるオンラインやアウトドアの利点を生かした新たなブライダル事業が、道北でも生まれている。テレワークの普及に伴い、地方で結婚し、子育てしたいというニーズは高まっており、事業主は「北海道の自然豊かな環境が今こそ強みになる」と強調、地域の活性化にもつなげたい考えだ。

 「テレワークの浸透で、子育てしやすい地方で結婚したいというニーズは確実に高まっている」。昨年11月、東京から美深町に移住し、旭川市で結婚相談所「結婚サポートONDO(オンド)」を立ち上げた平良(たいら)真美子さん(48)は話す。

 新型コロナ感染拡大に伴う「3密」回避や外出自粛で、対面での相談やお見合いが難しくなり、オンラインを活用した結婚相談やお見合いに重点を置く。

 オンラインだと相談所やお見合い会場に足を運ぶ必要がないため、忙しい人にも向いており、アドバイザーへの相談回数は増加。お見合いの際の服装など、毎晩のように相談してくる人もおり、アドバイザーとの親密度が増すという。他人の目を気にする必要もなく、プライベートな話がしやすい点も好評で、平良さんは「きめ細かなサポートで道北に幸せな家族を増やしたい」と意気込む。

残り:672文字/全文:1182文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る