PR
PR

ザンギを北海道遺産に 道連盟と伸和HDが塩麹ざんぎ販売 28日から

 ザンギの北海道遺産登録を目指す一般社団法人北海道ザンギ連盟(札幌)は28日から、居酒屋「炎」を運営する伸和ホールディングス(同)と開発した「塩麹(こうじ)ざんぎ」を道内の「まいばすけっと」と炎で販売する。

 ザンギの価値を高めたいと活動する連盟に同社が共感し、約1年かけて開発した。世界中で食べてもらいたいと、日本らしい塩こうじで味付けして肉の甘みを引き出し、時間がたっても衣がサクサクになるよう仕上げた。連盟の金井英樹事務局長は「『塩麹ざんぎ』を食べて、遺産登録に向けた運動を知ってもらい、機運を高めたい」と話す。

【関連記事】
<特集>キタコレ ~北海道をおいしく、旅する~

残り:109文字/全文:396文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る