PR
PR

公用車をカーシェアで 町が新年度からサービス利用開始 木古内 経費節減など1年かけて検証

 【木古内】渡島管内木古内町は新年度から、複数の人が共同で車を使う「カーシェアリング」のサービスを公務で導入する。更新時期を迎えた公用車1台の購入を見送り、1年間かけて経費節減効果などを検証する。業界最大手の「タイムズモビリティ」(東京)が提供するサービスを法人会員として利用する。

 同社によると、道内の自治体とカーシェアの契約を結ぶのは初めて。町は新年度予算に関連事業費約76万円を計上した。

残り:495文字/全文:692文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る