PR
PR

コロナ禍の親子、文房具で笑顔に 函館・湯川寺で28日チャリティー配布

 【函館】コロナ禍を受け、子どもたちとその保護者に向けた「文房具チャリティー配布会」が28日午後2時から、湯川寺(函館市湯川町3)で開かれる。未就学児から高校生まで誰でも参加可能で、文房具を無料で持ち帰ることができる。

 ハンドメイドと雑貨の店「MinaMina(ミナミナ)」(湯川町3)が主催。コロナ禍の影響で我慢している子どもたち、経済的に影響を受けた保護者に少しでも笑顔を届けようと企画した。ハンドメイド作家らが2月に開いた作品展の益金の一部や、募金で文房具を購入。企画の賛同者からも多くの文房具が寄せられた。

残り:176文字/全文:433文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る