PR
PR

同性婚否定は「違憲」 「平等反する」初判断 札幌地裁、賠償請求は棄却

 同性同士の結婚が認められないのは憲法が保障する婚姻の自由に反するなどとして、札幌と帯広の同性カップル3組が国に1人100万円の損害賠償を求めた訴訟で、17日の札幌地裁判決は、同性婚を認めない現行法は「法の下の平等」を定めた憲法第14条に反するとの初判断を示した。国の賠償責任は認めず、原告の請求は棄却した。原告側は「国に早急な立法措置を求めたい」として控訴する方針。

 判決理由で武部知子裁判長は、結婚制度は配偶者の相続権や親権など婚姻関係を結ぶ2人に重要な利益を生み出すものと指摘。同性愛者と異性愛者は性的指向が異なるだけで「婚姻の利益の重要性に違いはない」と述べた。

残り:1436文字/全文:1721文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る