PR
PR

自民道2区支部、次期衆院選は公募へ 補選は自主投票

 自民党道2区支部は6日、幹部会合を札幌市内で開き、4月25日投開票の衆院道2区(札幌市北区の一部、東区)補欠選挙は特定の候補を推薦せずに自主投票とし、10月までに行われる次期衆院選は候補者を公募する方針を決めた。公募は補選後に行い、5月中にも選考委員会を立ち上げて決定する方向だ。

 会合は道議と札幌市議、北区と東区の両支部の幹部ら約20人が出席、非公開で約1時間行われた。

残り:220文字/全文:407文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る