PR
PR

塩狩駅存続願い列車の栓抜き再現 近くのYH常連客・愛知の井上さん作製「乗客増につながれば」

 【和寒】JR宗谷線塩狩駅近くのユースホステル(YH)「塩狩ヒュッテ」の常連客で、自動車関連機械の製造会社社長の井上洋一さん(57)=愛知県岡崎市在住=が、かつて列車の窓際のテーブルに設置されていた栓抜きを再現した。同駅の利用促進を目的に、同ホステルで販売中。塩狩駅は、新年度から町が維持費を負担することが決まっており、井上さんは「塩狩駅の乗客が少しでも増え、駅存続の支援につながればうれしい」とする。

 同ホステルは、駅から約150メートル北の線路沿いにある。宿泊客の約3割がJR利用者で、鉄道愛好家に親しまれている。

残り:703文字/全文:962文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る