PR
PR

道東観光回復へ帯広、釧路、網走3市連携 4月から宿泊助成などキャンペーン

[PR]

 【帯広、釧路、網走】新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷した旅行需要の回復を図ろうと、帯広、釧路、網走の道東3市は4月、合同キャンペーンを始める。3市それぞれの宿泊助成事業を連携して道民にPRし、道東を周遊する観光客の獲得を目指す。

 3市は本年度、コロナ対策としてそれぞれ独自に宿泊助成事業と宣伝活動を展開した。新年度も助成を予定しており、広告費抑制のため合同キャンペーンを企画した。4月から6月にかけて、新聞広告とテレビCMで道民向けに宣伝する。広告費は660万円(1市当たり220万円)を予定し、釧路市の場合、広告費が本年度の半分ですむ。

残り:247文字/全文:520文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る