PR
PR

富良野の積雪119センチ 市民、除雪に追われる 落雪や雪崩に注意を

 富良野地方も大雪に見舞われ、富良野市の地域気象観測システム(アメダス)の記録では、2日午後5時までの24時間に50センチの雪が降り、積雪は119センチに達した。1999年3月以来22年ぶりの深さだ。市道での除排雪は2、3日とも未明から開始。多くの市民も自宅や勤務先周辺の雪かきに追われた。富良野署は4日以降の気温上昇予報を踏まえて、屋根からの落雪や雪崩への注意を呼び掛けている。

 積雪の深さは、南富良野町幾寅で同じ2日午後5時に最深の112センチ。こちらは2001年の114センチに次ぐ深さだ。占冠村でも同時刻の積雪の深さが最も深い114センチを記録した。

残り:649文字/全文:928文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る