PR
PR

収集40年、映画パンフ見て 「懐かしの名画を観る会」北見中央図書館に寄贈

 北見市の映画自主上映サークル「懐かしの名画を観る会」が、所蔵していた映画パンフレット912冊を北見市立中央図書館に寄贈し、2日から館内で閲覧できるようになった。会長の森谷真吉さん(70)が中心となって40年以上にわたり収集してきたもので、その年代、ジャンルも幅広い。森谷さんは「当時を懐かしんだり、逆に新鮮に感じてもらえたらうれしい」と話している。

 アクションやコメディー、ドラマ、アニメ、国内外の戦前から最新の映画までと、パンフレットは幅広いジャンルを網羅する。森谷さんは「パンフレットは映画の上映時に買うほか、古本店で見つけたものや知人から譲り受けたりして、ここまでの数が集まった」と振り返る。

残り:308文字/全文:608文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る