PR
PR

ロジャーバローズ 初の産駒 続々と 新ひだか 3年後の活躍期待

 【新ひだか】町内の飛野牧場が生産し一昨年に日本ダービーを制して引退後、町内の種馬場アロースタッドで昨年、種牡馬となったロジャーバローズ(5歳)の初の産駒が日高管内などで続々と生まれ、3年後の活躍が期待されている。

 ロジャーは2019年5月の日本ダービーで激しい競り合いの末、レースレコードで優勝したが、足の故障で同年8月に引退、種牡馬生活に入り、昨年は97頭に種付けをした。

残り:240文字/全文:428文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る