PR
PR

登別発カツオだしラーメン 望月製麺が新商品

 【登別】市内新栄町の望月製麺所(望月一延社長)は、カツオだしがきいた新商品「鰹(かつお)だしかおる 中華蕎麦(そば)」を開発し、1日から西胆振のスーパーなどで販売している。

 あっさりとしたカツオだしのスープが特徴の釧路ラーメンを意識した商品で、開発の中心となった製造部の丹葉淳一郎さん(41)は、親が釧路市出身。「子どものときからよく食べていた味を再現したかった。スープを飲み干せるような優しい味わいにできた」と話す。スープは化学調味料を一切使っていない。

残り:248文字/全文:477文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る