PR
PR

ドローンで道東の自然を撮影 芸術性競う大会開幕

 【釧路】小型無人機ドローンで撮影した道東の自然の芸術性を競う国内初の大会が26日、釧路管内で始まった。プロの操縦者が朝焼けに染まる釧路湿原やタンチョウなどの野生動物を動画に収めた。

 釧路観光コンベンション協会(釧路市)が主催し、東京や大阪、熊本などから5チームが参加した。28日までの期間中、釧路湿原、阿寒摩周の両国立公園内で上空から撮影し、最大6分の動画作品に仕上げる。

残り:189文字/全文:376文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る