PR
PR

福島商高に学生寮を 在り方協議会、町に建設要望の報告 入学者確保に「必要」

 【福島】生徒数減に直面する道立福島商業高の存続策を論議してきた「福島町高校の在り方に関する協議会」(会長・鳴海清春町長)は24日、昨年9月の中間報告で全国からの生徒募集を提言したことを踏まえ、生徒を受け入れる学生寮を町内に建設することとした最終報告をまとめた。

 最終報告では、生徒の受け入れ態勢を整備するため「住居と食事が必要となる」とした。既に生徒を全国募集し、入学者を安定的に確保している町立知内高や町立奥尻高でも、寮が整備されていることも指摘した。協議会メンバーの小野寺則之教育長は、最終報告書に添付された資料をもとに、学生寮の建設候補地について「町三岳地区の町有地が適切ではないか」と述べた。

残り:304文字/全文:605文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る