PR
PR

「判断誤る」JR北海道が会見 函館線、乗客7時間半閉じ込めで

[PR]

 【岩見沢】大雪のため函館線の岩見沢駅―峰延駅間で、23日夜から列車が立ち往生し、乗客11人が約7時間半閉じ込められたトラブルで、JR北海道は24日、記者会見を開いた。宮越宏幸鉄道事業本部長は「判断を誤り、乗客にご迷惑をおかけしました」と謝罪した。

 JRによると、小樽発滝川行きの普通列車は乗客11人を乗せて岩見沢駅を23日午後11時19分に発車。約10分後、峰延駅の約5キロ手前で進めなくなり、岩見沢駅にも戻れなくなった。

残り:306文字/全文:518文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る