PR
PR

ゲノム編集食品 年内にも流通

 生物の遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集技術」。この技術を活用し、健康維持に役立つ成分を多く含んでいたり、大量に収穫できたりする農産物や、養殖しやすい水産物などを開発する研究が進められており、年内にも流通する見通しだ。ゲノム編集とはどのような技術で、食品の安全性に問題はないのか。開発を手掛ける専門家と、食品への表示の必要性を訴える消費者団体関係者に聞いた。

■不安解消へ説明丁寧に 全国消費者団体連絡会事務局長・浦郷由季さん

■短期間で品種改良可能 筑波大生命環境系教授・江面浩さん

残り:2831文字/全文:3073文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る