PR
PR

②共助での除雪限界 見えない将来像


■歩道に雪山 コロナ禍の古丹別

 家の2階まで届きそうな軒先の雪が、歩道までせり出している。留萌管内苫前町の山あいに広がる農村地帯、古丹別地区。町の人口2980人のうち1061人(1月末現在)が暮らす道北有数の豪雪地は今冬、こんな光景があちこちで見られる。「共助の限界を痛感している」。地元住民グループ「苫前町まちづくり企画」の西大志代表(45)は厳しい表情を浮かべた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は今冬、綱渡りで保ってきた地区内の除雪体制を直撃し…

【関連記事】
<揺らぐ地域除雪>④自助・共助・公助に隙間 除雪の将来像どう描く
<揺らぐ地域除雪>③憧れだった流雪溝 いまは負担感ばかり
<揺らぐ地域除雪>①一等地手放す富裕層 「山下り族」に熱い視線
<特集>札幌集中のリアル

残り:1277文字/全文:1613文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る