PR
PR

春待つ野鳥鮮やか 北見の山林

 身体を締め付けるような寒さが去り、春に向かう北見市内の山林は、野鳥が観察しやすい時期を迎えている。小鳥たちのさえずりが響く山道に、カメラや双眼鏡を抱えた市民が行き交う。小鳥に餌をやっていた80代の男性は「餌不足なのか、昨年あたりから野鳥が少なくなったような気がする」と話していた。2月に撮影した野鳥たちを紹介する。(岩崎勝)

PR
ページの先頭へ戻る