PR
PR

駅前通り「夜市屋台」で元気に コロナで打撃、有志が25日開催 感染防止策を徹底

 苫小牧駅前通商店街の事業者らが25日、苫小牧市表町2の北光ビル元気ホールで飲食イベント「まちなか夜市屋台」を開く。駅前通は近年、客足が落ち込み、コロナ禍でさらに打撃を受けたことから、感染対策に力を入れた上でイベントを実施し、にぎわいの回復につなげたい考えだ。周辺繁華街の飲食店と連携した定期開催も視野に入れる。(小宮実秋)

 夜市屋台は、ライブハウスを運営する「LIVELIFE(リブライフ)」(市王子町)の杉村原生(げんき)社長(42)ら駅前通商店街や周辺の3事業者でつくる実行委が、商店の閉店などに加え、コロナ禍で活気を失いつつある商店街の再生に向けて企画。苫小牧商工会議所などの補助を受ける。

残り:338文字/全文:637文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る