PR
PR

北海道新幹線開業5周年 青函トンネル熟成ワインで祝福

 【七飯】3月26日の北海道新幹線開業5周年に合わせ、車両基地がある町内のワインメーカー「はこだてわいん」(町上藤城)は同1日から、青函トンネルで熟成させた特別ラベルのワインを発売する。これに関連し、町内の菓子店やパン店も同社のワインを使った商品を販売。「お祝い」ムードを盛り上げている。

 ワインは海面下283メートルで約1年間熟成させた「年輪」の赤・白2種類。ラベルには、車両基地にH5系の四つの車両が並んだ開業時の写真を使用した。赤は「カベルネ・ソービニヨン」、白は「シャルドネ」をベースに、輸入ワインと道産ワインを混ぜ合わせた。トンネル内の管理場所は通年で温度や湿度の変化が小さく「ワインの貯蔵に適しており、滑らかな口当たり」(同社)という。

残り:439文字/全文:763文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る