PR
PR

<デジタル発>LoL 北海道eスポーツ協会CUPフィナーレ 有終の美を飾ったのは―

 北海道内最大のeスポーツイベント「Hokkaido esports Festival」最終日の21日、バトルゲーム「League of Legends」(リーグ・オブ・レジェンド、LoL)のオンライン大会「北海道eスポーツ協会CUP」の決勝が行われた。イベントのフィナーレで、「有終の美」を飾ったのは-。(文/報道センター・岩崎志帆)

激しい戦いが繰り広げられた北海道eスポーツ協会CUPのリーグ・オブ・レジェンド (C)2021 Riot Games, Inc. Used With Permission
激しい戦いが繰り広げられた北海道eスポーツ協会CUPのリーグ・オブ・レジェンド (C)2021 Riot Games, Inc. Used With Permission

■「League of Legends(LoL)」とは

 世界で1億人以上がプレーしているオンラインゲームで、競技性の高さからeスポーツの代名詞ともされている。

 5人編成の2チームが戦う。140種以上いるキャラクター「チャンピオン」から、チームの5人がそれぞれ1体選ぶ。

 「ネクサス」と呼ばれる敵の本拠地を破壊した方が勝ち。ネクサスまでたどり着くためには、戦場の「トップ」「ミッド」「ボット」という三つの「レーン(通路)」を進軍し、「タワー(塔)」という要塞(ようさい)や防御装置を破壊する必要がある。

 また、ジャングルに潜むモンスターを倒すなどして、チャンピオンの能力を上げる。戦うのはチャンピオン同士だけではなく、自動で動く兵士「ミニオン」が両軍に配置されている。

 今大会は2試合先取制。予選に11チームが出場した。千歳市の選手らで構成する「青バフは友情の証(あかし)」(青バフ)と、札幌市の選手らによる「ESS」が勝ち上がり、決勝で激突した。

決勝の序盤。右下にマップがあり、左下と右上が各チームの本拠地。間には、左から順にトップ、ミッド、ボットの3本のレーンがある。間に広がるのがジャングル (C)2021 Riot Games, Inc. Used With Permission
決勝の序盤。右下にマップがあり、左下と右上が各チームの本拠地。間には、左から順にトップ、ミッド、ボットの3本のレーンがある。間に広がるのがジャングル (C)2021 Riot Games, Inc. Used With Permission

■カウンターさく裂

 第1試合の序盤。両軍が相手のミニオンやモンスターを倒しながらチャンピオンの能力を上げ、ゆったりとしたペースで展開する。

 ESSはトップレーンに戦力を集めたが、青バフのプレーヤー「kotama」がうまく防御。そして、青バフはボットレーンで多数のプレーヤーが入り乱れる「集団戦」を仕掛けた。

残り:900文字/全文:1644文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る