PR
PR

給付金詐欺容疑 大学生を再逮捕 札幌豊平署

 新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金を知人に不正受給させたとして、札幌豊平署は21日、詐欺の疑いで、江別市文京台、大学生吉野涼容疑者(21)=詐欺未遂容疑で逮捕、送検済み=を再逮捕した。

 逮捕容疑は昨年6月、知人の20代の男と共謀し、男が情報通信業を営む個人事業者で収入が減少したという虚偽の申請を行い、給付金100万円をだまし取った疑い。同署は男も詐欺容疑で書類送検する方針。

残り:100文字/全文:296文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る