PR
PR

菅 定位置奪還へ危機感 コンサ2次キャンプ

 札幌U―18(18歳以下)出身でプロ5年目の菅が左ウイングバックの定位置奪還に燃えている。昨季後半は新型コロナウイルスに感染した影響もあり、プレー時間が大幅に減った。「試合に出られることが当たり前ではなくなった」と、強い危機感を持ってキャンプ終盤に入る。

 昨季は感染前の25試合のうち24試合で先発出場したが、10月末の離脱を機にポジションをルーカスフェルナンデスに奪われた。復帰後も状態は上がらず、ほとんどが途中出場で、先発しても前半で交代した。チームの上り調子に焦りを感じたままシーズンを終えた。

残り:223文字/全文:474文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る