PR
PR

道南、コロナ感染初確認から1年 計786人、クラスター13件

 新型コロナウイルスの感染が道南で初めて確認されてから19日で1年。18日までの道南の感染者は計786人に上った。昨年11月以降はクラスター(感染者集団)が相次いで発生し、医療体制は逼迫(ひっぱく)。道や函館市は札幌市との往来自粛を求めるなどして対策を進めるが、感染者はなお確認されている。経済は大きな打撃を受け、自粛生活の長期化など、先の見えない日々が続く。

 感染者の内訳は函館市が515人、同市を除く渡島管内が181人、檜山管内が90人。日別感染者数の推移を見ると、感染の波は11月下旬~12月上旬、1月中旬の2度押し寄せたことが分かる。

残り:1901文字/全文:2172文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る