PR
PR

厳寒の河畔林 息づく野鳥 天塩、幌延

 【天塩、幌延】天塩川沿いの河畔林は冬季、暴風雪が吹き荒れるなどたびたび厳しい天候に見舞われる。そんな環境でも、コゲラやゴジュウカラなどの野鳥は、懸命に餌を探して命をつないでいる。林の中で五感を研ぎ澄ますと、そうした野鳥たちの姿を垣間見ることもできる。

 雪に覆われた河畔林に分け入って、耳を澄ますと「コーン、コーン」と規則正しい音が聞こえてくる。音の先には、しま模様の背中をしたキツツキ科のコゲラが、木くずを散らしながら餌を探している。

残り:217文字/全文:435文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る