PR
PR

胆振の特産品でおむすび、札幌の専門店で販売 振興局レシピ作成

 胆振管内の特産品を活用したおむすびが、札幌市内の専門店で販売されている。ほっきめし(苫小牧市)、リンゴのコンポート(壮瞥町)、ヤヤン燻(くん)たま(室蘭市)の3種類で今後、ほかの市町のおむすびも取り扱う予定だ。

 胆振総合振興局が作成した、管内11市町の特産品を使った11種類のレシピ「いぶり11(イレブン)」考案者の川原悟さんが経営する札幌市東区の「おむすびきゅうさん」で13日から販売。管内で生産している4種類の米をブレンドし、レシピに沿ってつくった。価格は1パック2個入りで220円。3種類の販売期間は未定で、材料がなくなり次第、終了するという。

残り:88文字/全文:364文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る