PR
PR

飲食取引先に20万円 道一時金 個人事業者は10万円

[PR]

 道は17日、新型コロナウイルスの影響を受けた道内の飲食店や取引先などに対する独自の一時金について、法人は20万円、個人事業者には10万円とする方針を固めた。対象は営業時間短縮要請で支援金を受ける札幌市内の飲食店などは除き、3万3千事業者と見込んでいる。25日開会の定例道議会に提出する2021年度予算案に約50億円を盛り込む方向で調整している。

 支給対象は飲食店事業者や、食材納入業者、清掃事業者などを想定。道の集中対策期間の時短要請が始まった昨年11月から今月までの売り上げが、前年同時期と比べて50%以上減少していることなどを条件とする方向だ。

残り:105文字/全文:380文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る