PR
PR

びっくりドンキー、4月から価格の端数0と5に 釣り銭の煩わしさ軽減

[PR]

 ファミリーレストラン「びっくりドンキー」を展開するアレフ(札幌)は4月1日、商品価格に消費税を加えた総額表示が義務化されるのに合わせ、税込み価格の1円単位を0か5にする価格改定を行う。一部メニューは値上げとなるが、支払額を事前に計算しやすくなるほか、釣り銭の受け渡しが減って新型コロナウイルスの感染抑制にもつながり、利用者のメリットは大きいと判断した。

 消費税の店頭価格表示は、2013年10月施行の消費税転嫁法による特例で税抜き価格が認められていたが、この特例が3月末で失効する。「980円(税別)」などと表示している場合は4月以降、税込み価格に変更するか、税込み価格を併記する必要がある。

残り:333文字/全文:630文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る