PR
PR

動画最優秀に北海学園大「丸水」 「企業の魅力」最終発表会

 札幌商工会議所と北海道新聞社の共催で昨年10月から取り組んできた長期インターンシップ事業「学生による企業の魅力発信プロジェクト(M―PRO)」の最終発表会が14日、札幌市内の道新本社で開かれ、ユーチューブライブで道内外の就活生向けに配信された。審査の結果、動画部門は北海学園大学の丸水札幌中央水産チーム、プレゼン部門は北星学園大学のコスモ建設チームがそれぞれ最優秀賞に選ばれた。

 道内4大学の2、3年生22人が6チームに分かれ、受け入れ企業に通いながら社員にインタビューしたり職場を撮影したりし、字幕や効果音を入れたPR動画を制作。4カ月間のインターンの成果を各チームが8分間でプレゼンし、視聴者と審査員、企業関係者らが点数を付けた。

 良い海産物を見極める職人の目に焦点を当てた1分17秒の動画で高評価を得た丸水札幌中央水産チームの北海学園大経営学部2年福田茉子(まこ)さん(20)は「コロナで市場が立ち入り禁止になり、取材は難しかったが、働いている人たちのプロ意識を伝えられた」。コスモ建設チームの北星学園大経済学部3年松井留菜(るな)さん(21)は「私が築く、私に気づく」というキャッチコピーで「自己成長できる企業をアピールできた」と手応えを語った。(長谷川賢)

 6チームの動画や取り組みの詳細はM―PRO公式サイトから視聴できます。

PR
ページの先頭へ戻る