PR
PR

支笏湖YH、3月末閉館 宿泊者半減、建物売却へ

 【支笏湖畔】日本ユースホステル協会は、千歳市支笏湖温泉の支笏湖ユースホステル(YH)を3月末で閉館することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で宿泊者が半減したため。建物は道内の民間企業に売却する方針。

 支笏湖YHは、日本ユースホステル協会直営の全国第1号として1955年に開業。現在は同協会が建物を所有し、運営を個人に委託している。

 鉄筋コンクリート造地下1階地上2階建ての新館(20室、定員108人)と倉庫や事務所として使っている木造2階建ての旧館があり、学生や工事関係者の利用が多いという。旧館は道内を代表する建築家田上(たのうえ)義也(1899~1991年)が設計し、赤い三角屋根がシンボルマークとなっている。

 同協会などによると、年間宿泊者は1973年の2万1千人をピークに減少傾向にあり2019年は3千人、20年は新型コロナの影響で1500人まで減った。

 同協会は「コロナの影響で経営が立ち行かなくなった」としている。

残り:80文字/全文:497文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る