PR
PR

小樽市内の休業要請解除 感染対策「さらに徹底」 飲食店16日再開

 新型コロナウイルス対策で、小樽市が市内の酒類を提供する飲食店に出していた休業要請が16日解除される。要請に応じて営業を控えていた市内の飲食店やバー、スナックなどは15日、営業再開に向けた仕入れ準備に追われた。休業要請後、市内では新規感染者の確認は大きく減ったが、「油断してはいけない」と、営業再開後の感染再拡大を防ぐため一層の予防策に力を入れる店も多い。

 市が休業要請を打ち出したのは1月28日。その後、協力金15万円の支給要件を2月1~15日と決め、多くの店がこれに応じた。

残り:438文字/全文:677文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る