PR
PR

旭医大の対立、市長が早期解決求める 「しっかり落ち着いてもらいたい」

 旭川医科大で、吉田晃敏学長と、同大病院の病院長を解任された古川博之氏との対立が明らかになった問題について、旭川市の西川将人市長は15日の記者会見で「早くしっかり落ち着いてもらいたい」と述べ、学内での早期の事態収拾を求めた。

 西川市長は、吉田学長と古川氏の間で意見などに食い違いがあると指摘し、話し合いで解消するよう求めた。

残り:156文字/全文:318文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る